HOME>Topics>ケアマネの求人を探そう!自分に合った介護専門職

減り続けるケアマネージャー

ケアマネージャーは年々減りつつあります。求人数が減っているわけではなく、資格受験者が減少しているためです。普通の介護福祉士とは仕事内容も違うため、本来は必要なのですが、軽視されている部分もあります。神奈川県など、一部では高待遇の求人もありますが、それでも半数の施設の管理者はケアマネージャーではない状況です。

居宅ケアマネと施設ケアマネの違い

居宅ケアマネの仕事

居宅ケアマネの仕事は、自宅で介護を利用している方へ、介護事業の紹介や調整が中心となっています。いろいろな施設のヘルパーとの、連携が必要となってきますので、人間関係をうまく築けるかが重要になってきます。

施設ケアマネ

施設ケアマネの仕事は、居宅ケアマネと違って様々な調整は不要です。しかし、居宅ケアマネより仕事が無いわけではありません。利用者を送迎したり、施設の行事への参加など、マネジメント以外の仕事が入ってきたりします。

ケアマネの求人を探そう!自分に合った介護専門職

女性たち

ケアマネージャーはステップアップできる専門職

ケアマネージャーは、介護の資格をもつ専門職のひとつです。現場を支える介護士やヘルパーとは、違う方面で活躍ができる職業となっています。専門職なので、インターネットなどの求人では、高待遇の求人も望めます。さらに、ステップアップが可能で、主任介護支援専門員などにもなれます。給料も高くなるので、目指してみても良いでしょう。

ケアマネージャーについて知らないこと

男女

ケアマネージャーの求人はどこから探したらいいの?

ハローワークなどにもケアマネージャーの求人はありますが、効率よく探すならネットの求人がオススメです。ネットでは、業種によって専門的に取り扱うサイトもあるので、そこから探すのが早いでしょう。

給料の相場はどれくらいなのか知りたい

地域によって異なりますが、月給22万円前後が相場と言われています。資格手当や調整手当が加算されると、23万〜26万円と上がることもあります。しかし、夜勤などはないので、他の介護職と比べたら高いほうではないでしょうか。

マネージメント以外の仕事はなにをするの?

ケアマネージャーは、介護業務以外の仕事がたくさんあります。生活保護が必要な人がいれば、その申請を行います。高齢者に、地域活動の参加を勧めてみたりして、地域との交流をはかるなど、介護にとらわれない内容となっています。

広告募集中